歯医者さんが作ったチョコレート

皆さん、こんにちは。清水歯科医院副院長の清水義夫です。

長野県も先週梅雨入りしたのですが、ほとんど雨が降りません。
庭のミニトマトに朝水をやるのですが、夜診療が終わって帰ってきますと葉っぱがすっかり萎れています。甘いトマトにするにはあまり水をやらないほうが良いと聞きますが、どうなんでしょうかねぇ?水をほしがっている気がして...。

さて、今日は清水歯科医院で今年から販売している、チョコレートについてです。

歯医者さんでチョコレート売ってるの!うそ~っ!(もしかして患者を作ろうとしているのかしら?)と言う声が聞こえてきそうですが、事実です!

しかしっ!

けっして、虫歯を作ろうとしているのではありません、むしろ虫歯予防のためのチョコレートなのです。

皆さん、キシリトールのガムはすでにご存知ですよね?
キシリトールとは、天然の野菜などにも含まれる成分で、製品は白樺の木から抽出される砂糖に変わる人口甘味料のことです。
キシリトールは虫歯の原因となる酸をつくりません。キシリトール100%で虫歯菌の結束力を弱める作用や、歯を硬くするという報告もあります。

このチョコレートは、キシリトール100%で出来ているチョコレートなのです。
だから虫歯にならず、虫歯予防になるのです。

e0000558_0372896.jpg

このキシリトールチョコレートは、

寝る前に歯磨きをした後に、なめて溶かしながら寝てください。

大人の方は、翌朝のお口の中がさっぱりして爽快感があります。
お子さんなら、「良く歯みがきしたね」と言ってご褒美にあげてもいいです。

キシリトールのガムを寝る前に良くかんでなんて言いますが目がさえて眠れなくなります。
その点、チョコレートはよく眠れるカカオ成分ですから問題ありません。

確かな虫歯予防補助食品と考えてはいかがでしょうか?


皆さんの健康をスタッフ一同、サポートしていきます。
[PR]
by shimizu-shika1977 | 2005-06-16 00:47 | 院長のちょっといい話
<< 上高地に行きました。 清水歯科医院のブログが出来ました! >>